肝臓に良い食品は大豆

肝臓に良い食品は大豆

脂肪肝を避けるためには、肝臓の働きを正常化させることで代謝機能をアップさせることが必要不可欠です。そのためには良質なたんぱく質を豊富に含む食品を摂取することと、そして肝臓に負担をかける暴飲暴食を避けることが大事です。

 

食べ過ぎが胃腸に良くないことは知られていますが、その後に代謝という大事な仕事を行っている肝臓についてはあまり意識されていないと思います。胃腸に何事もなくとも、人知れず肝臓に負担がかかっていることもあります。特に、動物性の食品を代謝する際には肝臓にかかる負担は大きいのです。

 

たんぱく質の補給は、動物性のたんぱく質よりも植物性のものが有効で、肝臓にとっては非常にありがたく感じられるはずです。豆乳や豆腐などの原料となる大豆は、必須アミノ酸をはじめとして多くの栄養素が含まれていますから、肝臓の働きを助けるためにとても有効な食品です。

 

大豆に含まれるサポニンは、大豆に豊富に含まれている不飽和脂肪酸であるリノール酸を、酸化させないため、肝臓を正しく働かせる手助けをしてくれます。大豆に含まれているビタミンB群のコリンには肝臓機能の正常化作用があり、余剰な脂肪分の排泄を助ける役割があります。

 

このように肝臓に良い効果の多い大豆ですが、体質によってはかえって害になることもあるようです。ある程度の摂取量を毎日続けることを心がけましょう。摂れば摂るほど肝臓にいいというものではありませんので、毎日続けることに重きを置いてください。